副理事長方針


まちづくり委員会 ・組織PR委員会
担当副理事長 北川 晴将

副理事長方針

  青年経済人である私たちがふるさとのため、次代を担う子どもたちのため何ができるか。一人ではできないようなことを志の高い仲間が集い実現し、感動を分かち合う。そんなことができるのが、青年会議所の最大の特長と考えます。  われわれが住む羽島という土地は、歴史、文化に大変恵まれたところでありますが、そんな魅力に地元羽島の子どもたちがあまり気付いていません。そこで羽島の子どもたちに地元の歴史・文化のすばらしさを再発見してもらい、伝統を継承していくような事業を行います。  JCの三原則の一つにTRAINING(修練)があります。我々は我々自身を修練し成長しなければ青年会議所に在籍している意味がありません。近年、公益一般社団法人格の関係で講師例会もオープン参加で行う機会が多くなり、お客さまを迎える設営が必要となっております。私はそんな設営も修練と考え、会員のみならず参加者全員の修練による資質向上につながる例会を行います。  経済不況のもと、会員拡大が非常に難しくメンバーの減少に歯止めがかからない時期もありましたが、こんな時代だからこそ、みんなが手を取り合って「明るく豊かな地域(まち)づくり」を実現するべくJCの魅力を発信し仲間を増やしていきます。近年、委員長のがんばりにより少しずつ仲間は増えましたが、JCは40歳で卒業のため常に仲間を増やし続けなければいけません。本年もLOM全員の力をお借りして拡大し続けてまいります。  昨年は、東日本大震災によりたくさんの方が亡くなり、福島第1原発事故により未だ不自由な生活を続けている方もたくさんみえます。幸い羽島の地は被害がありませんでした、だからこそ、羽島から東北に向けて元気を発信しようではありませんか。 凛として。



次代創像委員会 ・人材育成委員会
担当副理事長 大島 典之

副理事長方針

  明るい豊かな社会を築き上げよう!これはJC宣言綱領の最後の一文です。これは青年会議所の最終目的だと考えます。この目的のため、我々は日々活動し、この羽島が少しでも笑顔あふれるまちにしたいと望んでいます。そのためにはまず「人」づくり。明るい豊かな社会を築き上げるには、このまちに住む方たちと共に歩んでいかなくてはなりません。昨今、時代は大きく変化しています。今、大切なことは人と人との出会いから創り出されるご縁や相手に対する思いやりがこのまちを明るい豊かな社会に繋がると確信しています。  次代創像委員会では理事長所信にあります「体感」することを重点に企画、運営し、地域を実感する事業を展開して参ります。今、この日本は食についてのニュース、問題、課題が取り上げられています。本年度も羽島青年会議所のメイン事業の一つである食育事業を通して地域の方と共に体感出来るよう活動して参ります。  人材育成委員会では新入会員が自分の成長と豊かな羽島を理想に期待を込めて入会してきます。JAYCEEとしての自己啓発や自己修練を基に、様々な事業の参加、企画をし、成長出来る一年にしたいと考えます。また、継続事業である羽島JC杯サッカー大会は今年で第5回目となります。少年サッカー大会は各地で開催しておりますが、本年度も羽島JC杯ならではの大会を開催致します。  次世代は闇と言われる方もみえますが、我々は明るい未来しかみえていません。誰が何を言おうと明るい豊かな社会を築くため、自信と期待を込めて一年間前を見て進んでいきましょう!


一般社団法人羽島青年会議所
〒501-6255 岐阜県羽島市福寿町浅平3丁目106番地 いきいき元気館3階
Tel:058-392-7588 Fax:058-392-9379