社団法人羽島青年会議所2011(羽島JC)

副理事長方針


社団法人 羽島青年会議所
笑顔のまち創造委員会
社団法人格移行実践委員会
担当副理事長 後藤 康之

副理事長方針

 本年度、初めての副理事長を仰せつかる事となりました。 本年度の体制は経験・年齢の若い体制となります。私を含め 多くのメンバーが、初めての役職を全うすべく一年間活動し ていきます。理事長が、よい伝承を残しつつ、新しいことに チャレンジしていきたいと言われていました。まさに今年は 改革するチャンスだと思います。私が担当する2委員長も、 初めての委員長職に就きます。初の委員長職ならではの発想 を活かしつつ、伝統も継承できたら素晴らしい1年になると 思います。私自身も勉強をしつつ、経験の浅いメンバーを引っ 張っていくよう邁進していきます。

 笑顔のまち創造委員会では、ふるさと羽島の伝統・文化・ 魅力を子ども達に伝える事業と、行政と連携した災害対策の 2事業を柱に1年間活動していきます。よりよい羽島になる ために、子ども達に羽島の何を伝えて行きたいか、JCが行 う事業かどうか考えながらよりよい事業になるよう補佐しま す。災害対策については、本年度から羽島市の防災訓練の想 定震度が上がります。行政と連携しつつ対応して参ります。

 社団法人格移行実践委員会では、社団法人格移行について の勉強・そして、食育事業を柱にして活動をしていきます。 法人格移行をスムーズに行えるよう、事務局のサポートと、 メンバー全員が共有の問題と意識できるよう勉強する場の提 供をしていきたいと考えます。また、今年で4回目となる継 続事業の食育では改革をするのにちょうど良い時期だと感じ ます。過去の食育事業を知らない委員長だからできることが あるはずです。素晴らしい事業になるよう精一杯補佐させて いただきます。

 新理事が7人もいる本年度、不安と期待でいっぱいですが 1年終わったときの充実した顔を楽しみに、皆でよりよい社 団法人羽島青年会議所にしていきましょう。



社団法人 羽島青年会議所
アカデミー委員会
拡大・広報委員会
担当副理事長 後藤 大成

副理事長方針

 全ての組織の中枢には人の志溢れる情熱が宿っています。 青年会議所とは明るい豊かな社会の実現という大義の下、 日々活動を繰り広げております。しかしこの大義の詳細は伝 え受け入れられるのが難しいものであるとも感じます。私は いつも明るい豊かなまちづくりを共通の題材として、明るい 豊かな人づくりをしている団体だと考えております。ここに 集まるメンバーが知恵と汗を絞って行う事業であれば、必ず 明るい豊かなまちづくりに行き着きます。自信を持って、同 じ志を持つ仲間と共に想いを形にしていくことに精一杯取り 組んでいこうではありませんか。そして仲間と共に行動する 中で個人の資質向上を図り、個人の価値を磨いていきましょう。

 期待と不安を抱く新入会員は、アカデミー委員会への参加 が(社)羽島青年会議所での最初の扉であります。JC活動と は自己啓発や自己修練を行い、養われた力を地域社会に奉仕 することであります。この修練・奉仕を行う上で支えとなる のが友情であると考えます。アカデミー委員会では、各例会・ 委員会を通じてJC三信条の理解と実践に努めてまいります。 拡大・広報委員会では「全員拡大」を掲げ、(社)羽島青年会 議所の活動を積極的に伝播し、会員拡大に繋げていきたいと 考えております。

 景気動向の先行きに不透明さが続き、景況は依然と厳しい 状況でございますが、この閉塞感を打破するには、我々が率 先して行動に移して行かなくてはなりません。一つの目標に 対して各々が協力する事は組織のモチベーションを高め、組 織を活性化させ、地域発展に寄与していきます。こんな時代 だからこそ、力強いJAYCEE!頼られるJC!になっていき ましょう。私達がこの世を動かすには情熱しかありません。


社団法人羽島青年会議所
〒501-6255 岐阜県羽島市福寿町浅平3丁目106番地 いきいき元気館3階
Tel:058-392-7588 Fax:058-392-9379