羽島青年会議所トップイメージ
     
 
羽島青年会議所メニュー
青年会議所について
jc基本情報
羽島青年会議所理事長基本方針
羽島青年会議所理事長の部屋
専務理事の部屋
副理事長の部屋
iinkai.htm
事業報告
新入会員の部屋
入会のご案内
公益
お問い合わせ


羽島青年会議所過去のホームページ
2008
2007
2006
 
 
 
スペース
HOME >2009年度委員会紹介

 

 災害対策ネットワーク委員会

後藤剛久

2009年度(社)羽島青年会議所 

委員長 後藤 剛久

副委員長/後藤 大成
委 員/渡邊 和広/天野 洋和

■委員長方針
近年、環境変化による様々な災害が身近で発生しているなかで、私たちの住む地域(まち)で、何時、どのような形で災害が発生するか分かりません。そこで、私たち委員会が率先して防災について取り組み、メンバーには、災害への備えを知って頂き、その上でボランティア活動ができるように推進していきます。また、羽島郡市の行政や諸団体と協力し、災害についての状況収集や発信等ができるネットワークづくりに取り組むと共に、地域住民との災害対策や防災意識を共有できる事業に取り組んでいきます。 
また、私たちがJC活動をする上で、会員家族の理解と交流は欠かす事は出来ません。家族例会を担当するにあたり、家族にJC活動をより理解して頂く為にも、日頃の感謝の意を込めて事業を企画してまいります。そして、JC活動を一緒に頑張ってきたメンバーと共に、楽しく思い出が残るような活動も併せておこないます。

■委員会スローガン
助け合おう!! 〜地域(まち)・仲間と共に〜

■委員会基本方針
・災害対策の構築と地域住民を巻き込んだ事業の企画・運営
・会員とその家族の交流をはかる企画・運営
・思い出に残る卒業式の企画・運営
・こころよくとうかい号を体験して頂く為の支援
・LOMの新しい力となる拡大支援

■委員会開催日時
毎月 第3火曜日 20:30〜22:30

■委員会開催場所
事務局



 日本のアイデンティティー確立委員会

花村 聡

2009年度(社)羽島青年会議所 

委員長 花村  聡

副委員長/後藤 康之
委 員/高砂 秀利/高橋 陽輔

■委員長方針
私たち日本人は、戦後の高度経済成長の中、「物質的な豊かさ」を追い求めるあまり、「精神文化」を伝えることを疎かにしてきたのではないでしょうか。倫理や道徳の欠如・モラルの低下は、日本人の「こころ」の未成熟が招いているのではないかと思います。 
当委員会では「日本人としての誇り」、「日本人のこころ」とは何かを考え、理解するために、伝統文化・思想を学び後世に伝えていけるような事業を行っていきます。
また郷土の歴史・風習などに触れ、地域の文化を知り、故郷を愛する心を育むことで“明るい豊かなまちづくり”を推進していきます。

■委員会スローガン
“One for All, All for One” 〜 思いやりの精神を胸に〜

■委員会基本方針
・地域の歴史・文化を伝承する為の対外事業の企画・運営
・日本人の誇りを自覚できる事業の企画・運営
・まつりを活かした効果的なPR活動
・会員拡大活動への支援

■委員会開催日時
毎月 第3火曜日 20:00〜22:00

■委員会開催場所
事務局



 次代の人材育成委員会

江崎一利

2009年度(社)羽島青年会議所 

委員長 江崎 一利

副委員長/山田 康貴
委 員/北川 晴将

■委員長方針
次代を担う子どもたちが心身共に健やかに成長すること、そして、その子どもたちを育てていくことが、我々大人の責務であります。
子どもたちに様々な経験や思い出を与えていくことは、必ず将来の人格形成に良い影響を与えていくものと確信します。そこで、本年は生活の基本となる「食育」をテーマとし、子どもたちの自立性、また親と子の思い出づくりを目的とした事業を展開していきます。
また、(社)羽島青年会議所は、この地域から信頼され、必要とされる団体として、これまで以上に公益となる事業展開に努める必要があります。2010年春の公益社団法人申請を目標として、定款・諸規定の改正を含めてLOMの意志統一を図れるよう、準備を進めていきます。

■委員会スローガン
連携!〜未来の羽島を築く責任世代として〜

■委員会基本方針
・親と子のための食育事業に関する企画・運営
・2010年春、公益社団法人認定申請に向けた取り組み
・献血事業の設営
・LOMの未来に繋がる新入会員の拡大支援

■委員会開催日時
毎月 第3月曜日 20:30〜22:30

■委員会開催場所
事務局



 アカデミー委員会

大野安律

2009年度(社)羽島青年会議所 

委員長 大野 安律

副委員長/小見山 哲史
委 員/阿部 嘉則/新入会員

■委員長方針
『楽しくないとJCじゃない!』
どんなに苦しい時でも、そこにはきっと自分自身が楽しめる何かがあるはず。
当委員会は、一年間JCを楽しみます。学びます。
その為に新入会員のメンバーには、数多くの事業へ積極的な参加をすることでJCを肌で感じてもらい、自分自身に合うJC活動、楽しみ方を多く見つけていただきたい。委員会メンバーも初心に 戻り、同じ目線で学びます。
また担当例会では、一つの事業を創り上げる楽しさや苦労を知ってもらい、アカデミーらしい例会設営でLOM内を活性化していきます。そして、一年間を通して、アカデミー旋風を巻き起こします。

■委員会スローガン
Let’s Enjoy

■委員会基本方針
・各事業への積極的な参加
・羽島JC杯サッカー大会の企画・運営
・明るく、楽しい、例会の企画・設営
・会員拡大活動への支援

■委員会開催日時
毎月 第3月曜日 20:00〜22:00

■委員会開催場所
事務局



 拡大・広報委員会

林幹根

2009年度(社)羽島青年会議所 

委員長 林  幹根

副委員長/伊藤 誠英
委 員/長谷 享治

■委員長方針
「まちづくりを通して、志を共にできる生涯の仲間との出逢い」のため、委員会メンバーが熱き心を燃やせるようなチャレンジある会員拡大活動に取り組みます。そのためにはLOMメンバー全員が、更なる拡大に対する意識の向上が必要となります。まずは委員会メンバーが拡大運動の柱となり、LOM内の拡大意識変革の牽引役を果たして行きます。
また、参加した方々が仕事に活かせるような事業を通して、会員拡大に繋げたいと考えます。
広報活動では、幅広く羽島JCの存在を知って頂くために、ひとりでも多くの市民の心を掴む、羽島JCの魅力発信をテーマに、会員拡大に繋がる広報を目指します。

■委員会スローガン
今こそ始動! 躍動! 拡大維新!
〜全員拡大!チャレンジ40〜

■委員会基本方針
・各委員会と連携し積極的な共同拡大活動の実施
・例会オブザーブ参加人数30名 目標入会人数15名
・ONE BY THREEキャンペーンの復活
・新たな会員拡大情報の取得と共有のために、2ヶ月に1度OB会員並びに関連各所を訪問する
・羽島JCのホームページをリニューアルし、より効果的なホームページの運用
・参加者が、JC活動に興味を抱く事のできるような例会の企画・設営

■委員会開催日時
毎月 第3月曜日 20:30〜22:30

■委員会開催場所
事務局



 事務局

大島典之

2009年度(社)羽島青年会議所 

事務局長 大島 典之

事務局次長/虫賀 大輔

■事務局長方針
(社)羽島青年会議所は40周年という節目を越え、森理事長の下に新たなるスタートを切ります。
この度、その伝統ある?羽島青年会議所 事務局長という大役を仰せつかることになりました。そこで私は、各委員会の動き、繋がりを意識し、自ら率先してメンバーと触れ合い、全ての事業活動の一助となるように事務局を率い、円滑な事務局運営が出来るよう精一杯取り組んでいく所存です。
又、公益法人取得、会員拡大といった大きな目標もあり、(社)羽島青年会議所がこれから繁栄する為、志高く気概と誇りを胸に、素晴らしい(社)羽島青年会議所になるようメンバー全員の力をフル回転してどこにも負けないLOMにしていきましょう。                     
故郷の明るい未来の為に邁進していきますので、会員皆様のご理解、ご支援をお願い申し上げます。

■事務局スローガン
CORRECT!

■委員会基本方針
・総会の厳正かつ円滑な運営
・的確な会計処理
・公益社団法人取得への準備
・会員拡大活動の支援
・各委員会活動・設営の支援
・各事業の積極的参加の取りまとめ
・正副会・理事会の資料取りまとめ

■事務局開催日時
随 時

■事務局開催場所
事務局


 

 
HASHIMA JC